2015年1月3日土曜日

必ず達成できる約束

本当は新年を期して元日に201回目の更新をしたかったのですが、ダブル投稿があったのを発見したりで2日ずれる形になりました。年は明けましたが、相変わらず段取りが悪いです。
気を取り直して、ここから3回は2015年マニフェストについて詳しくお知らせしたいと思いますが、まずは選挙に臨むにあたっての約束すなわち当選するしないにかかわらず自分だけで達成できることからにします。

一つ、選挙用看板は立てません。

これは黙ってこのまま選挙に臨めば確実に達成できることですが、今まで私は「三上なおき後援会」といった看板(これは2種類12枚まで設置可能です)を立てたことがありませんし、前回は自宅に選挙事務所の看板すら掲げませんでした。
これは、看板を立てて名前が目に止まったところで投票してもらえるものだとは思えませんし、看板を立ててくださる方が支持しているのがわかるだけという現実的な判断もありますが、観光都市・弘前において一番景観を汚しているのが政治家の看板だと思っているからです。
市街地の目立つところに林立しているのも見苦しいですが、郊外の豊かな農村風景をぶちこわしているのも選挙用看板ですので、公職選挙法で認められているにしても弘前市としては景観を守るために条例で禁止してもいいくらいだと思っています。
とはいっても、立てている多勢に孤立無援の喧嘩を売るようなものですから、これは市民の皆さんに理解と関心を持っていただいて機運を高めていくしかないだけに、時間のかかるテーマだと思っています。

一つ、今回も自転車で市内一円を回ります。

市議初挑戦の2007年は、選挙カーを使って230ヶ所で街頭演説を行い、1週間の期間中に私は一度も選挙カーから離れず、車だけ回して連呼させることはしないという形で、節度を持ってフル活用しました。
前回は、連呼はやめて街頭演説のときだけ使うつもりでいたのですが、東日本大震災の直後でガソリンが逼迫していたこと、そして選挙カーやウグイス嬢に支出される公費を使わず復興に少しでも多くの財源を回せるようにするという思いで急きょ自転車でノー選挙カーでの戦いに挑みました。
車が回ってこないと目立たないと叱ってくださる方もありましたし、逆に自転車に拡声器で自分の思いを伝えているからと投票してくださった方もあり賛否両論ですが、前回も選挙戦術としてではなくムダを省くという思いだったのですから、今回も自転車で回ってできるだけ多くの場所で街頭演説を行うつもりです。
ちなみに、前回は490ヶ所でしたので、今回は500回超えをめざすつもりですが、これは4歳年取った分の体力低下を考えると高いハードルですけれども、選挙におけるチャレンジするマニフェストとしてがんばりたいと思います。

支援してくださる方から直接声を聴きたいのでここで街頭してほしいという声には喜んで馳せ参じるつもりでルートを組みますので、気軽に(こっそりと)お知らせください。