2014年12月13日土曜日

野球・ソフト、それともサッカー、それよりも

昨日の一般質問で、来年1月から元プロ野球選手を市職員として招へいし、小中学生の指導やはるか夢球場でのプロ野球1軍公式戦実現のアドバイザーとして働いてもらうことをもくろんでいることが明らかにされました。
すでに斎藤春香女子ソフトボール元日本代表監督を市職員に迎え、2020年東京五輪合宿候補地にも手を上げるなど、このところスポーツに力を入れているのはよくわかりますが、あれもこれもで成果を上げることができるのか心配になりますし、個人的には方向がずれている気がします。

野球ということであれば、はるか夢球場の改修というより大増築が必要になりますが、プロ野球公式戦といっても1軍2試合にイースタンリーグ数試合が限度ですし、高校野球も県大会レベルは準々決勝から青森市で試合となるだけに、宝の持ち腐れとなる可能性が高いのが実際のところです。
逆に、ソフトボールの北のメッカをつくるという改修をするのであれば、すでに実業団リーグの公式戦も行われていますし、武道館の合宿所の環境を整えれば、東京五輪で復活が期待されるソフトボールの合宿地として有力になると思われるだけに、球場の改修はターゲットを絞る必要があります。
一方、今季優勝して東北1部リーグへの昇格を決めたブランデュー弘前ががんばっているサッカーですが、こちらも夢のJリーグ参入を果たすにはチームの強化ばかりでなく、グラウンドやスタンドの基準を満たしたりサブグラウンドの整備といったハード面のハードルが高く、次の段階であるJFL昇格ともなれば真剣に対応を検討しなくてはなりません。
仮に、運動公園陸上競技場をメイングラウンドとするとなると、現在陸上で全国規模の大会を開催できる改修を進めているところですが、さらなる増築が必要となるでしょうし、陸上のサブトラックがないことも解決しなければなりませんし、サッカーと陸上で拡張が必要となれば現在の運動公園のエリアで収められるのかという、もっと大きな問題に直面することになりそうです。

野球・ソフト/サッカー・陸上は、これからどのように伸ばしていってそのためにどういう支出をするのかというところでの取捨選択になりますが、今あるものを生かさないままでいいのかという置き去りにされているスポーツもあります。それは、スキーです。
市で百沢スキー場という大会コースを有しロマントピアスキー場からは5人の五輪選手を輩出しているだけでなく、岩木町出身の五輪選手が市職員として在籍しているのに、これを有効活用してスキー人口のV字回復でスキー場の経営難を脱却しようとか、きちんと取り組めば五輪への道が近く雪国のアドバンテージを生かそうとかいう話が一向に出ないのは、関係者としてはなはだ不満です。

いずれにしても、これらすべてを充実させていくだけの体力はないのですから、市民の声を聞きながら、どこに力を入れていくのが弘前市のスポーツにとって成果につながるのか、また市の名を高らしめることにつながるのか、考えなくてはなりません。
この件は、ぜひ皆さんの考えも教えていただきたいと思います。